2018年07月25日

共働き夫婦が増えていることで感じる弊害

共働き夫婦が近年急増していますよね。
もちろん、それは賃金の安さや職業選択の不自由さなどがあり、仕方ない側面もあります。
一見すると収入源が2つある共働き夫婦は、魅力的な新しい夫婦関係と言えるでしょう。
しかし、それによって生まれる弊害もあるのを知っておくべきです。
まず、共働き夫婦は離婚率も高いと言えます。
一緒に過ごす時間が少なくなるため、結果的に離婚という選択を取ることが多いです。
そもそもお互いに働いているのであれば、良い意味でも悪い意味でも
相手に依存するということはありません。
つまり、簡単に離婚と言う選択肢が取れてしまうのです。
また、子供を持ちたい場合は、子育てなどの負担もお互いの問題になってきます。
共働きの場合は子育ての負担も二等分しなくてはなりません。
それらの点も考えることが必要となってくるでしょう。
また、親が共働きで寂しい思いをしている子供たちも多く
近年は子供の人格形成に対しての弊害も多くなっています。
よく考えて共働きという選択をしたいですね。
https://mousoukamen.com/  


Posted by あめめ at 12:35弊害